HOME > 上海総領事公邸で地酒試飲商談 福井の蔵元、拡販へ手応え

上海総領事公邸で地酒試飲商談 福井の蔵元、拡販へ手応え

2013年7月28日福井新聞」ニュース

国内の日本酒消費量が低迷する中、福井県は海外で地酒の販路を拡大する事業に取り組んでいる。この一環として24日、県内4酒造会社による初の試飲商談会を中国・上海市で開催。現地の外食・小売関係者らに福井の地酒をアピールした。県によると複数の商談が成立。参加した蔵元は「日本酒への興味や関心は非常に高いと実感した」と手応えをつかんでいた。  2011年11月に西川知事が上海市を訪問した際、泉裕泰・在上海日本総領事が福井県の地酒や食に強い関心を持ったことから、総領事館との共催で今回の商談会が実現した。県によると、総領事の協力を得て、県内企業の複数の経営トップが直接海外でPRする商談会は初めてという。... 続きを読む

Top