HOME > 岡山―上海線9往復復活を 就航15周年で県が東方航空訪問

岡山―上海線9往復復活を 就航15周年で県が東方航空訪問

2013年8月21日山陽新聞」ニュース

中国東方航空の岡山―上海線が就航15周年を迎えたのを受け、岡山県は20日、中国・上海の同社本社を訪れ、定期便を生かして文化や経済分野の一層の交流拡大に協力していくことを確認した。週9往復の定期便が利用客の低迷により、週7〜8往復に減っている現状にも触れ、10月からの冬ダイヤで解消してもらうよう要請した。  同社ネットワーク収益管理部の石剣〓高級マネジャーと喬謹岡山支店長ら担当者6人が応対。県航空企画推進課の丹羽直樹総括副参事が「デーリー(週7往復)以上の運航は地方の空港としては珍しく、岡山空路を重視していただいている表れ」と感謝した上で「冬ダイヤから週9往復態勢を復活してもらいたい」と要望した。... 続きを読む

Top