HOME > 華人の「タイガー」式教育は両極端―中国メディア

華人の「タイガー」式教育は両極端―中国メディア

2013年8月31日新華経済」ニュース

子どもを出世させるため、「三代目で破産」という呪いを打ち破るため、タイガー式教育は華人の間で人気がある。先日、華人小説家のキム・ウォン・ケルトナーによる新刊『タイガーマザーの子どもたちの反撃』が出版されると、中国系の「タイガーファーザー」、「タイガーマザー」の間でまた大騒ぎとなった。人民日報海外版日本月刊が伝えた。 --タイガー式教育への反乱 エール大学法学部の中国系米国人のエミイ・チュア教授は有名な「タイガーマザー」だ。子女をいかに教育するか、チュア教授は非情なやり方をすべきだと言う。子どもを「ゴミ」扱いする、全部の科目で「A」をとらなければテレビを見せない、ピアノの練習がうまくいかなければご飯を食べさせないなどが、チュア教授の秘訣である。... 続きを読む

Top