HOME > レポート > 実際に行ってみた > 文白花園中国語教室に実際に行ってみたらこんなにも◯◯な学校だった

文白花園中国語教室に実際に行ってみたらこんなにも◯◯な学校だった

早文舎(文白花園中国語学校)の評判

文白花園中国語教室は、「早文舎 and language」に名称を変更となりました。
最新情報は「早文舎 And language に実際に行ってみたらこんなにも◯◯な学校だった」をご覧ください。

文白花園中国語教室への道のりで感じるレトロ上海

中山公園から横に伸びる愚园路。
ここは街路樹が続く並木道。
歴史的建造物も多く並ぶ歴史散歩を
楽しめる一角にそびえるレンガ作りの「宏業花園」と
書かれた門をくぐるとそこはレトロ上海。

時間が止まったかのような雰囲気が味わえる小道散歩が楽しめる。
その一角に見えてくる一軒家が今回訪問した早文舎中国語教室だ。
学校の入り口には学校のマスコットとも言うべき、トラ猫の文クンがお出迎え。
学校の中もモダンな設計。

文白花園中国語学校行き方

カフェのような学校が突然目の前に

学校というより、カフェテラスで
のんびり読書を楽しんでいる気分になってくる。

今回お話を伺わせて頂いたのは、
校長の村田遥さんと教務主任の王文芳さん。

まずは、コチラから本音をぶつけてみた。
ここの学校の魅力、訪問して直ぐに伝わってきました。
居心地が良さ過ぎます。

これなら、早く早文舎で授業するぞ!って毎回学校に
来るのがウキウキしちゃいますね。(笑) 

村田「ありがとうございます。他の生徒さんからも同じ事をよく言われます。」との事。

文白中国語学校の授業やイベント評判

話を聞くと、ここの愚园路の本部は学校としての機能だけではなく、
この雰囲気の高い環境を活かして、文化サロンや生徒さん同士の
交流会など多岐に活用している
とのことだった。

確かにタイムスリップしてしまったような錯覚に陥ってしまう、
飽きの来ない作りと、そこに置かれた調度品の数々は
村田校長のセンスの良さから、学校機能以外の
文化的交流の楽しみも広がりそうだ。

文白校長 村田遥さん

文白花園中国語教室のスタッフ紹介

元々村田校長は早稲田大学文学修士。
中国語教育法の研究に10年以上の経験と
実績がある中国語教育のスペシャリスト。

ここで村田校長から一点言われたのは、
ここの学校は日本人に特化した日本人向けの中国語学校である、という点。

学校顧問であり、NHK中国語の講師でもお馴染みの
楊達(よう たつし)早稲田大学中国語教育総合研究所所長が監修をしているため、
日本で日本人が勉強すべき勉強方法を研究実践している、本格派の学校母体なのだ。

歴史建造物や味のある建物に目が行きがちなのだが、
実は教育方法としても非常に筋が通った学校。

日本人以外の生徒を獲得したいという気持ちもあるが、
学習方法は漢字を知っている日本人と漢字を知らない欧米人では、
勉強法に大きな差がある。

当然英語圏の場合は舌を中心とする口の動かし方も
日本語と全く異なる。

その為、日本人のみに特化するという点がこの学校の強みでもある。

教師陣についても、一つのこだわり

採用する教師陣は採用後ある一定期間は内部研修に時間を割き、
早稲田式中国語教授法を研修。
研修終了後に初めて授業を受け持つ事ができるそうだ。

これはクオリティの低い授業は行わないという強い意思の現れでもある。
学校によっては研修や採用基準など一切なく、
日本語が話せるという経験だけで、
授業を任せているような学校も実際に存在している。

学校選びのポイントにも書いているが、
学校がまず最低限の基準を設けて、
質の高い教師陣を確保しているのは非常に重要
なポイントの一つだ。

虹橋地区にもアクセスの良い虹橋校を開校

この本部である中山公園校以外にも、
虹橋地区に住む日本人にアクセスが良い学校の提供を
行いたいということで、14年3月より虹橋校も開校。

中国語の授業活動にとどまらず、
中国文化や上海の歴史造詣が深い講師陣による講演会や
勉強会なども定期的に執り行っており、
中国や上海を知りたい生徒希望者には打って付けの学校だ。

文白花園中国語教室は、「早文舎 and language」に名称を変更となりました。
最新情報は「早文舎 And language に実際に行ってみたらこんなにも◯◯な学校だった」をご覧ください。

早文舎中国語教室 中山公園校・虹橋校へのアクセス

中山公園校
・上海市長寧区江蘇州路470号香樟公寓A棟1102号(2号線4番出口,11号線江蘇駅7番出口から徒歩3分)
虹橋校
・上海市長寧区遵義南路8号錦明ビル17階F座(虹橋ルイヴィトンビルから徒歩1分)

中国語学校評判実際に行ってみた

自分の目的に合った中国語学校を選ぶためにすること

自分にあった学校を選ぶには、
実際に学校へ足を運び学校や先生の雰囲気を感じることが大切です。
遠慮をせず、どんどん体験授業や学校見学をして
中国語学習の目的に合った学校を選びましょう。

体験授業のお申込みや見学、ご質問はいつでも受付中です。
下記フォームから学校へ直接お気軽にお問合せ出来ます。

中国語学校体験授業
お申込み内容
必須項目
 体験授業 ご質問
学校の場所
必須項目
 中山公園校 虹橋校 威寧路校
お問合せ内容
必須項目
体験授業の希望日時

体験授業や見学をご希望の場合、ご希望の日時をご記入ください。
日時の決定は、各学校担当者から連絡が入ります。
お急ぎの場合は、電話番号入力項目を必ずご記入下さい。
お名前
必須項目
メールアドレス
必須項目

携帯電話のアドレスは登録不可です。
※iPhone、Androidなどのスマートフォンは登録可能です。
Yahoo!メールなどのフリーメールをご利用の際は、迷惑メールフォルダに振り分けられる場合があります。
ご連絡が受け取れるよう、迷惑メール設定の変更をお願いいたします。
電話番号
基本的には、メールでのやり取りとなります。
お急ぎの場合は、携帯電話・固定電話のどちらか、連絡がとれる番号を必ずご記入ください。
日本在住の方とのやり取りは、メールでのご連絡となります。

お問合せ内容を再度ご確認の上、
 間違いが無ければチェックして送信ボタンを押してください。

早文舎の授業料、お問合せ

Top